多種多様化する婚活サービス

婚活という言葉、数年前から世に浸透して来ていますよね。
○活って言葉、昔は部活くらいだったのではないでしょうか。
それが、就活だの保活(保育園へ入園をさせる為に手続きや園見学などを行う事)だの、○活という言葉は増えてきたものです。

私は、数年前に夫と結婚をしました。
田舎出身の私、20歳を過ぎると一人また一人と結婚していく友人が途端に増えて来て、私の結婚はいつなの?と焦った日々を思い出します。
正直に言って、20代は親や周囲からの「結婚はいつ?」と言う言葉が重くのしかかり、恋愛を楽しむと言うより結婚相手を探す事に翻弄していました。
まさに、婚活だったのですね私にとって全ての恋愛は。
25歳くらいまででしょうか、恋愛自体を楽しんで彼にトキメキを感じていたのは。
それが、25歳を過ぎると結婚してくれる人としか恋愛しない!と躍起になっていたものです。

田舎町と言えども、近年はお見合いパーティーや結婚相談所という婚活サービスがあるのですね。
身近な場所にそういった恋愛を結婚をサポートしてくれるサービスがありました。
数回、お見合いパーティーにも行き、結婚相談所への登録も1社した経験があります。

初めてのお見合いパーティーへの参加は24歳。
まあ、年上の男性ばかりでビジュアルのクオリティが低い私でも若さだけで人気が出たものです。
あんなにモテた経験はその日だけですね。
まずは、ルックス。
次に年齢。
そして、女性から男性へ求めるのは職業や収入でしたね。
参加者の女性皆さんが同じような質問を繰り広げていました。

地元の友人で、居るんです。
婚活に抵抗感のある友人が。
彼女、20歳から10年以上、恋人がいた事がなくかなりの奥手であり白馬の王子様を未だに思い描いている夢子ちゃんで。
お見合いパーティーなら、プログラムに沿って多数の男性と話が出来るわよ。
結婚相談所なら、サポートして下さるしマッチングもして下さるし。
積極的なタイプの方ならば、婚活サイトやSNSを通じて異性との出逢いも実現するでしょうが、かなりの奥手な友人はとてもじゃないけどそういうのは不向きでして。
あれやこれや、私の経験談を交えながら婚活を勧めてはみているんです。
なぜなら、彼女は結婚がしたいから。
しかし、婚活はしないんですよね、彼女。

では、結婚がしたいのになぜ婚活に消極的なのか。
それは、ドラマみたいな出逢いで恋愛をして結婚をしたいという夢が強すぎるからなんです。
それも実際にあり得るかもしれません。
でも、草食男子という言葉も世に定着して来ている昨今、ドラマのように声を掛けてきてくれる異性やロマンティックな出逢い限定に拘っていて果たして結婚できる可能性は高いのでしょうか。
誰だって、ドラマのようなストーリーは憧れます。
女性なら尚更でしょう。
しかし、本気で結婚したいなら、出逢いのシナリオに拘らず結婚するために何が出来るのか。
プライドや夢を捨てて、現実と向き合う事ではないでしょうか。

私は、夫とは職場恋愛です。
親の時代でもあった職場恋愛です。
劇的な出逢いと言うには、かなり縁遠い出逢いです。
それでも、ご縁があり結婚し子供を授かりました。

婚活は、とても素敵だと思います。
結婚をしたいという、具体的なゴールを見据えて取り組む活動なんですから。
夢や目標を抱いていても、頑張って取り組むって事は人間そう簡単には出来ません。
カッコ悪いのは、結婚をしたいと思っているだけで何も行動をしない思っているだけの状態ではないでしょうか。

これだけ、多種多様な婚活サービスがある今。
全てを活用するくらいの勢いで、どんどん異性と出逢っていくのはとても潔く好感が持てると私は思います。
結婚されるカップルが増えて行く日本であって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>